エスケープキーで 音楽が止まります。

白い 山紫陽花の花の 画像です

Tomy さんのページ



匂い立つ金木犀の誘惑に 心迷いて秋を流離う
往き過ぎる夏の名残の影法師



野辺に佇む秋の夕暮れ


月の船浮かべて渡る星の海
餅つき兎舳に遊ぶ


老いた父問わず語りの行き先は
川面に揺れる走馬灯の5と


軒下の歌を忘れた風鈴が
奏でるしらべいにしえの歌


黄金のグラスの中のきらめきは
諦めきれぬ夢のかけら


短冊に秘めたる思いしたためて
流す笹舟十七の夏


アルタイル恋しいベガを待ちわびて
ミルキーウェーにたたずむ想い


すなはまお無邪気に掛ける青い夏
微睡みて聴く潮騒の歌


忍び寄る遠雷の音怯えつつ
銀の糸引く天使の涙


へたくそはいつまでたってもへたくそで
あきらめきれずに棒を振る


舞い落ちる桜の花の潔さ
我が心にも春は来たれり


キーボード叩いて埋める文字の海
スペースキーで変身命令


べにを引くかがみのなかを覗いては
迷路に迷う恋の行き先


泣き濡れて伝う涙の行き先は
貴女がくれた白いハンカチ


君の名をためらいながらしたためる
筆を持つ手に春の訪れ


片道のガソリン抱いたゼロ戦は
南の海にはかなくも散る


岩陰にひっそりと咲くたんぽぽは
唯ひたすらに春をまつ


十六夜の月のしずくに濡れる思い
伝えシきみの心計れず






ご案内のページへ  ご案内のページへ戻る