エスケープキーで 音楽が止まります。

ピンクのボタンの花がさいている 画像です

りん さんのページ



鍵盤にほとりほとりと零しては
流れる雨だれ前奏曲


寂しさを飲み込み言葉さえきえて
優しさにふれ一筋の文字


葉の裏にそっと涙を忍ばせて 
笑顔で染めた一葉おくる


遠い日の二人の薫り吹かせるは
沈みゆく陽に身をゆだねる雲


庭先のメジロの声に湯をそそぎ
冷えた心に茶せんを回す


彼方へと届くはずない呟きに
響けと願う君の名を呼び


吹き抜ける身体の風と裏腹に
初恋薊チクと身をさす


この春に咲かせる色は我の色
赤白きいろ思いの色を


優しさに抱かれる胡蝶とき忘れ
このまま眠れと花は歌う


地の底で静に燃ゆる身を空へ
放ちて翔る火の鳥となる


咲き誇る刹那の命しきつめて
散りてもなお桜はさくら


珈琲の香り漂う休日は
甘い予感にミルクを少し






ご案内のページへ  ご案内のページへ戻る