エスケープキーで 音楽が止まります。

ピンクのボタンの花がさいている 画像です

鬼嫁 さんのページ



寒い朝三つも四つもホッカイロ
背中に背負っていざ出陣


どうしてる?母は許してもらえてる?
後悔しても戻らぬ命


後ろ髪ひかれ泣き泣き素通りす
心惑わすあの香ばしさ


おくんちのシャギリ聞くたび胸うずく
涙ほろほろ必死に隠す


懐かしい味をみながら父は言う
お前のとこは出前こんもな


ペーロンがみなとまつり盛り上げる
やってきました長崎の夏


寝静まる田舎に響く大合唱
声の主はカエルかダンナか


ぽかぽかの笑顔と桜に包まれて
心も弾む新一年生


頑張って咲かせた桜満開に
親元離れ初めの一歩


庭に咲く白梅触れて春を待つ
未だ聞こえぬ鴬の声


家猫のお腹プニプニあったかい
そこだけ真っ白三角地帯


収穫に追われ気付けばクリスマス
今年も忘れたケーキの予約


みかん採る隣に寒さしのぐ「炎」
中にはほっくり焼き芋笑顔


黄金色田んぼ一面秋景色
刈り入れ済めば山案子寂しや


お月見の食欲そそる魔力かな
空にはまぁーるいホットケーキ


神様へ私の視力返してと
叶う事ない無理なお願い


高速へ目的なしのドライブも
今は助手席ナビにもなれず


おしゃれしていそいそ出掛けたクラス会
初恋の彼面影いずこ


長崎の夏を彩る風物詩
ペーロン爆竹平和集会






ご案内のページへ  ご案内のページへ戻る